〒790-0047
愛媛県松山市余戸南3丁目3-39
FAX:089-965-2806

TEL: 089-971-5706
電話対応 平日9:00 - 17:00


活動内容・お知らせ

クリスマス会

 

 大勢で迎えたこの冬は、クリスマス会・新年会ともに約20名の参加でとてもにぎやか♪まだ集団活動に慣れない新メンバーはドキドキし過ぎて疲れてしまいますが、しんどい時には無理をしないで休むことも大切です。

0

    2016年12月20日付 愛媛新聞8面に掲載されました

     

     今回は、保護者のための学習相談会「つばさの会」の400回記念という節目の学習会でもありました。「学校に行けない子どもを助けたい」と願う約100名もの方々にお集まりいただき、それぞれの立場を超え相互の理解を深め、問題解決に向けて学びあいました。


    会終了後には、たくさんの方からの感動的なご感想を頂戴し、本当に有意義な学習会になりました。

     また、17日当日の夕方にはNHKのTVで、夜にはNHKラジオ第1ニュース愛媛版でも放送されました。

    0

      狭すぎる教室・広い場所が欲しい!!

       

       最近、翼教室に通い始めるメンバーがどんどん増え、とても嬉しい毎日です★

       

       特に月曜日と金曜日には放課後1時間の自由居残りを楽しみに来るメンバーが多く、先日の出席者は17名‼

       

       しかし15.5畳しかない2階の教室には、入りきれなくなってきました。どこか広い場所への移転も構想に入れながら、ひとまずは1階部分を手作り改装して、教室にする計画を立てています。

       

       みんな、もう少しの辛抱だから、広い教室を楽しみにしていてね★

      0

        福山小旅行 & アスレチック

         

        ★福山小旅行 10.10〜11

         

         今年度春からの宿泊行事に参加できた教室生で希望を出し合い、今年は福山に行ってきました。
        テーマパークみろくの里ではアトラクションに絶叫!!

         

         ホロコースト記念館では、旅行前の平和学習と合わせて過去の過ちを学び、真剣に平和について考えました。ホテルでは夜のトランプをハイテンションで楽しみ、広島風お好み焼きや尾道ラーメンも味わえて大満足♪

        0

          第14回「子ども達のSOS を受けとめて」開催のお知らせ


           

          ・2016年12月17日(土) 13:30〜16:30
          松山市男女共同参画推進センター(コムズ)にて

           

           文科省は、全国の学校に行けない長期欠席児童生徒数は平成26年度で17万6千人、いじめ件数も18万8千人と発表していますが、どちらも年々増加する一方です。現在54万人と言われている15歳から35歳の引きこもり者も、その原因をたどればいじめや長期欠席で悩んでいたケースが多いと思われます。

           

           えひめ心のつばさは、そういった青少年一人ひとりの問題解決に力を注ぎ、これまで550人以上の学校(社会)復帰を実現しています。

          0

            ぶどう狩り & 兵庫修学旅行

             

            ●9月4日 ぶどう狩り

             

            台風を心配しながら集まった日曜日でしたが、ぶどう農園に着くと真夏のような明るい陽射し★
            大きい房を狙って摘み取り、氷で冷やして食べるとびっくりするほどあまーい‼
            新しい仲間の I・TくんやM・Tくんとも、ゲットしたぶどうを見せ合ったり、
            食べた量をワイワイ話して秋の実りを味わいました★

            0

              ★翼トーチ&バーベキュー★

               

              8月20日 今年は新メンバーと共に40人以上でバーベキューを楽しみ、子ども達のトーチトワリングは驚きと感動を湧き起こしました!

              0

                2016年8月31日 NHK松山放送局 『ひめポン』 で翼教室の卒業生が紹介されました

                 18歳以下の日別自殺者数が、2学期が始まる9月1日に年間で一番多くなっていることを受け、夏休み最後となるこの日に、卒業生の稲田和之くんが翼教室での経験を語りました。

                 

                 彼は学校に行けなかった小中学校の7年間を翼教室で過ごし、高校から復帰を果たしました。今では一人暮らしを始め、教師を目指して神奈川県の大学で勉強しています。
                夏休みが終わる今の時期に自殺が最も多いことを踏まえて、「僕なんか死んだ方がいいよね・・」と自分も母に話した経験を語り、「苦しかった時から今のような自分になれた事を知ってもらい、希望を感じてほしい。助けてくれる人はきっといるから、一人で抱え込まず周りの人を信じて相談してほしい。」 とメッセージを送りました。

                 

                 大野理事長も「新学期になって子どもの様子をそっと観察し、どうしても行けないことが分かったら、この子は心を傷めていて行けないのだと察知して、行かなくてもいい、自分を苦しめなくてもいいんだよと語りかけてあげてほしい。そして心の傷の治療をして元気になっていこうという方向に向けていくと、大切な子どもの命を守ることができる」と話しました。

                0

                  渓谷キャンプでたくましく成長したよ!

                   

                  8月7日〜8日   In久万高原町西谷

                  今年は初参加6人を含む14名で、晴天のキャンプを楽しんできました。

                  0

                    お弁当☆毎日自分で作ってます♪詰めるのもコツがいるんだよ

                     

                     心身共に成長するために、一人ひとりが家庭で毎日頑張っている家事分担。
                    その中でもお弁当作りは難易度が高く、最初は作ってもらった食材をお弁当箱に詰めることから始めます。

                    続きを読む >>
                    0

                      << | 2/3PAGES | >>