〒790-0047
愛媛県松山市余戸南3丁目3-39
FAX:089-965-2806

TEL: 089-971-5706
電話対応 平日9:30 - 17:30


活動内容・お知らせ

まなざし 2020年5月 No.2

コロナ対策で翼学園の休講。
毎日のケアが出来なくなる事は、

翼学園の子ども達にとっては、考えられない一大事でした。



必死な思いで、毎日一人ひとりへ電話でのケアと個別学習を始めて

一ヶ月が過ぎました。



先日、そんな学園生のお母さんからお手紙を頂きました。

 



 「毎日の電話学習、ありがとうございます
  日に日に茜(仮名)の顔が良くなっていくのがわかります

  家族全員の食器洗いや、夕方の植物の水やりも進んで担当を引き受けて、

  今まで植物に興味なかったのに、楽しい、と言い始めたことも嬉しいです


  勉強ができ始めるとともに気持ちが明るくなり、

  トゲトゲしたところが減って来て、

  感じが優しくなってきたことがとても嬉しいです

  勉強だけでなく、毎日先生とお話しすることで、

  茜の心がどんどん明るくなっているのだと感じます
  今の茜には、とても大切な電話学習となっています
  今後ともどうぞよろしくお願いいたします」 

 


 

最近は、ご家庭からこんなメールを沢山いただくようになりました



翼学園の職員は、ただただ、子どもを守ろうと、毎日が必死です。



怒りっぽかった茜ちゃんは、

浩子先生のケアを受けて、こんなふうに穏やかに優しくなり、
また、翼学園に月1〜2回しか来れず、

ケアのみを受けていた健ちゃん(仮名)は

今、希先生と一緒に毎日、数学の勉強を楽しむようになりました。



礼央先生の担当する一也君(仮名)は、

今、英語版「星の王子様」の和訳に夢中です。



教室ではずっと顔もあげられず、声すら出せなかった、

私が担当するタカシ君(仮名)は、

電話でならゆっくりと会話ができるようになり、

この最近では、「僕も勉強したい。」 と言い始めました。



私達人間は誰でも、

どんなピンチも、

不幸な出来事も、

それを逆に幸福を掴むチャンスへと切り替える力を持っています。



困難を明るく乗り越えたあなたには、

必ず、新しい幸せと、勇気と、生きる力が生まれ、

その力はさらに強くなっていくはず!



翼学園の周りは今、美しいピンクの5月の薔薇が満開です。

 

 

 

 

 

 

 



もうすぐに!
6月1日からは、あの、元気な子ども達の声が返ってくる予定です
先生も子どもも、

みんな一緒の朝の花の水やり、

勉強の合間のリクリェーションタイム、

毎日大きな笑いが湧き起こる、楽しく賑やかなこの学びの家に、

もうすぐ主役の子ども達が戻ってきます。

0

    まなざし 2020年5月

    それは我が子を深く胸に抱き、そっと見下ろす母のまなざしのような、

    やわらかな色の三日月でした。

     

     

    5月の下弦の月が、瞬くように静かに仕事帰りの私を見下ろしていました。

     

     

    この月のような優しい気持ちで、

    そして、打たれても折れないしなやかな強さで、

    あなたたちみんなを守りたい。

     

     

    翼っ子の誰一人、再び孤独で暗い部屋に戻らせないように。

    くちびるを結んで、駅からの夜道を歩きます。

     

     

    愛媛大学プロテオサイエンスセンター長

    坪井敬文博士の新型コロナウイルス対策の御教示を受けて、

    翼学園も4月13日から教室での授業とカウンセリングを休止しました。

    やむを得ない選択です。

     

     

    長い長い苦しみの末、やっと家から出て翼学園に通えるようになったのに、

    コロナで再び家の中だけの生活になってしまった、41人の子ども達。

    その子達一人ひとりへ、毎日の電話やメール。
    今夜もついつい遅くなりました。

     

     

    コロナから人々の命と暮らしを守るために、

    市や県庁や、国へ、請願に行ってくださる方々がいます。
    食べ物やマスクを、沢山の人々に提供して下さる方々がいます。

    ついつい尖ってしまいがちな不安な心を慰めるために、

    不特定多数の人々に音楽やダンスや演劇を提供して下さる方々がいます。

    その他、たくさんの方々が、周りの人々に愛を投げかけています。

     

     

     “今、あなたは、誰かのために何が出来ると思いますか?” 

     

     

    「スタッフ全員で力と心を合わせて、翼学園の子ども達を全力で守りきる。」 

    それが今の私に、力の限りで出来ることです。

     

     

    私は翼学園の子ども達に、教室で毎日のように教えていました。

    「自分さえ良かったらいいんじゃない。

     今の自分より、もっと苦しい思いをしている友達がいる。

     そのことに気付けるような、素敵な人になろう。

     そして、苦しんでる誰かのために、

     今の自分になら何が出来るかを考えながら生きてる人間になろう!

     翼っ子のみんな、私の仲間になってください。」

     

     

    周りがみんな追い詰められた今こそ、どう生きるかを問われ、

    ほんとうのあなたを発揮できる時ではないでしょうか。

     

     

    コロナの終息を心から願いつつ、

    翼学園指導者の私たちは明日も朝から夜まで、一人ひとりの子どもへ電話を掛け続けます。

    放っておけない、閉じこもりそうな心のケアと毎日一時間の電話学習指導のために。

     

     

    電話の向こうに、嬉しそうに受け応えてくれるあの子たちの声が聞こえます。

    あの子たちが、明日も電話が鳴るのを待ってくれているから、私達の胸も弾みます。

     

     

    今は子どものいない翼学園で、

    私達は毎日、今日の子ども達の様子を報告し合います。

     

     

     『教室ではほとんど喋らないあの子が、

      今日、電話では沢山話してくれて嬉しかったです。』 

     

     『あの子の学習が今日はとても調子良く、ぐんと進みました。

      電話を切る時、よく頑張ったね、と言うととても嬉しそうでした。』

     

     『昨日はお母さんと公園までジョギングしたと嬉しそうな声でした。』

     

     『先生、運動会はやれるんかなあ、と、不安そうに呟いてました。』

     

     『あの子からこんな相談を受けましたが、

      ひとまずお母さんに事情を聞いてみましょうか。』 ……

     

     

    スタッフからの報告と相談は尽きることなく、時間が経つのも忘れます。

    寡黙なあの子、お喋り好きなあの子の元気な声が、今日も聞けて良かった!
    一箇所にじっとしているのが苦手なあの子は、明日はどんな一日を過ごすかしら。

     

     

    職員会議の最後には、一日も早くあの子達と、この翼学園の教室で会いたいね ・・・
    私達はそれぞれにうなづき合い、明日も頑張ろうと誓い合って解散します。

     

     

    電話やメールだけの指導でも、

    子ども達は、刻一刻と成長していくのがつぶさに伝わってきます。

    10月に延期になった「TSUBASA運動会」を、

    とても楽しみにしている翼っ子一人ひとりの笑顔を
    スタッフそれぞれの胸に思い浮かべながら

    明日もまた、熱い職員会議になることでしょう。

     

     

     

     

    翼学園の玄関前

    休講になってからも

    職員が大切に世話を続けています

    0

      まなざし 2020年4月           

      世を脅かす新型コロナウイルスの影響で、

      3月・4月に予定していた翼学園の大きな行事は、
      会場閉鎖などで出来なくなりました。

       

       

      中でも、初めての企画にワクワクしながら準備していた 『翼学園LIVE』 の延期は、

      翼っ子達を本当にがっかりさせてしまいました。

       

       

      みんな、ごめんね。

      今のところ、8月16日に開催延期の予定です。

       

       

      それまで、外でいっぱいスポーツしましょう。

      ストレスや勉強で疲れた翼っ子達の為に、市営グラウンドの予約をたくさん取りました。

       

       

      愛媛県でコロナに最初に感染した方は、

      ご家族中が差別被害に遭われ、県外へ転居されたと聞きました。

      胸が痛みます。

      お顔は見た事がありませんが、

      助けてあげられなくてごめんなさいと、そのご家族のために 手を合わせました。

       

       

      辛い時こそ心を繋ぎたい。

      苦しい時こそ力を合わせたいと思うのです。

      そんな温かい郷土を作りたいのです。

      この、たくさんの子ども達のために。

       

       

       

       

       

      0

        新メンバーも学習時間に仲間入り!

        新しく入ったばかりで緊張が強い学園生も、

        みんなが心からの歓迎の気持ちを込めてレクリエーションタイムを一緒に過ごすうちに、

        少しずつ気持ちがほぐれてきます。

        その頃には、希望を聞きながら基礎学力をつけるための学習指導を始めます。

         

        _

         

        秋からの新メンバーも含め、

        最近の学習時間には、大勢が机一杯に勉強に取り組む姿が毎日の光景になりました。

         

        教科書を使用して基礎学力を身に付けています

         

         

        翼学園での学習は一人ひとりの実状に合わせたマンツーマン指導。

        周りとの比較や競争がないため、自分のペースで理解を深めながら学習しています。

         

        リラックスしたムードでこぼれる笑顔★

        0

          来年度TSUBASA運動会の準備を始めています

          今年は新人さんが多いので、

          例年より早くTSUBASA運動会の準備を始めることにしました。

          トラック1周の距離や競技内容も、

          戸外や体育館でのシミュレーションや会議の場で話し合いながら順調に決まりつつあります。

           

          食材でグループを作る競技 「チャーハンを作ろう」の練習中★

           

           

          「棒引き」はシミュレーション段階なのにみんなが夢中!

          0

            第64回 翼スペシャルLesson「補助犬と一緒にみんなに優しい社会について考えよう」 2020年2月6日

            障がい者の生活を支える補助犬について、

            ドッグフォーライフジャパンの砂田先生と聴導犬エマちゃんが

            特別授業に来てくれました。

             

            「しょうがいってなんだろう?」をテーマにグループで話し合い、

            「補助犬が入っても良い場所はどこですか?」等、

            これまで知らなかった障がい者の生活の実際を沢山教えてもらいました。

             

            補助犬が入ってはいけない場所はありません★

             

             

            聴導犬訓練中のエマちゃんによる実技体験もあり、

            様々な人の立場に立って考える学びを得ることができました。

             

            音が鳴っていることを知らせ、音源まで連れて行ってくれる聴導犬エマちゃん

            0

              県政発足記念知事表彰

              2月20日、翼学園理事長大野まつみが、教育部門で県知事表彰を受けました。
              18日の南海放送賞受賞に続いて、2月内に二度目の受賞です。


              受賞内容は、
              「長年にわたり民間教育に献身した功績を讃え表彰する」というものでした。


              教育部門での受賞者は大野理事長を含めて県内で5名。
              1985年に翼文庫を設立。

              以来、学校に行きづらい子どもの支援を続けて35年。

               

              大野まつみ理事長の、地域の子ども達への深い愛情と献身的な支援が、

              行政にやっと響いたという所でしょうか。


              翼学園の支援活動は、重要な事だと、行政から初めて認められたのです。
              地域の子ども達の命を救う翼学園を、絶対に無くしてはいけません。

              この先もずっとこの後支援活動が継続できるように、

              行政からの内容ある支援を強く求めています。

              0

                第53回南海放送賞受賞のお知らせ

                2020年2月18日、第53回南海放送賞で翼学園が表彰されました。

                受賞者1個人3団体を代表して、翼学園理事長大野まつみが謝辞を述べました。

                 

                 

                その中で大野理事長は、


                 「学校に行けなくなって苦しみ、命を絶とうとする子どもの命を助けたい。

                  しかし、ボランティア経営の翼学園は、非常に行き詰まっている。

                  翼学園を無くしてしまわないために、どうか皆さんの手を貸して欲しい。」

                 

                と、切実な思いを訴えました。

                 

                 
                これまで35年間、690人を救って来た翼学園に、行政からの支援は未だに何もありません。

                翼学園が無くなってしまったら、もう、一人の子どもの命さえ救う事は出来ません。

                 

                翼学園を継続する力は、継続資金を支える賛助会員さんが増える事です。
                翼学園を必要と思ってくださるかたなら、どなたでも賛助会員になれます。

                どうかあなたも、翼学園の賛助会員となって、この支援活動に力を添えてください。

                 

                入会申込書はこちらです。

                 

                表彰式の様子はこちらの南海放送のページからご覧いただけます。

                 

                 

                0
                  • 2020.02.21 Friday
                  • -
                  • -

                  楽しく身体を動かして 心も体もあたたかく

                  週に一度のスポーツの日は、戸外や体育館で楽しく体を動かします。

                   

                   

                   

                  体育館ではバドミントンや卓球・バスケットボール、

                  天気の良い日には戸外で ドッジボールやケイドロ等、

                  子ども達が希望を出し合ってやる種目を決め、集団活動を楽しめる体験を重ねています。 

                   

                   

                   

                  運動の得意不得意にこだわらず、

                  一人ひとりの気持ちに寄り添いながら楽しむスポーツが、

                  新しい仲間の心を癒し、沢山の弾ける笑顔を生んでいます。

                   

                   

                  0

                    第63回 翼スペシャルLesson「宗教から見た世界史」 2020年1月13日

                    今治明徳高校の今井先生による歴史Lessonは毎回大好評☆

                    今回は世界三大宗教の特徴や裏話を学び、

                    古代エジプトの象形文字(ヒエログラフ)の仕組みを教わりました。

                     

                     

                     

                    先生お手製のマンガ入り資料やヒエログラフクイズにワクワクしながら

                    世界史や宗教の成り立ちを身近に感じながら学ぶことができました。

                     

                     

                     

                    0

                      | 1/8PAGES | >>

                      リンク

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM